1.5次会

サイトマップ

神戸の1.5次会は会費・祝儀制どっちがいいの?

豪華なテーブル

海外挙式が人気の今、帰国後のお披露目パーティーの1.5次会ニーズが増えてきています。1.5次会はどのような場合に会費制にするのか、ご祝儀制にするのかご紹介します。
お披露目程度で特に演出もせず、ゆっくりゲストと食事を楽しみたい。その場合は会費制を取られる方が多いです。神戸での1.5次会の会費の設定は、コース料理で検討の場合は引出物なしで1万円~1万5000円ほど。ビュッフェスタイルであれば1万円弱が平均的な設定価格です。しかし、1.5次会といっても一般的な結婚式と同じようにおもてなしがしたい、演出もいろいろしたい。という方はご祝儀制を取られます。会費制だと自己負担が多いからです。
ご祝儀制を取られる場合は必ず引出物は用意しましょう。私が神戸でプランナーをしていた時、神戸での1.5次会の希望の方はご祝儀制にしていいのか…とご不安に思われていました。海外では教会式を家族だけで挙げてくるので、日本ではゲストに愛を誓う人前式をしたいという方もいました。自分たちにとっては1.5次会でもゲストにとっては結婚式と変わりはないのでご祝儀制にしても何もおかしくありません。ご祝儀制だと自己負担も減るのでしっかりとしたおもてなしをゲストに用意できるのもポイントの1つです。
まずはどんな1.5次会にしたいのか2人で話し合って会費制・ご祝儀制を決められてはいかがでしょうか。

神戸の1.5次会の良さ

1.5次会って、二次会とどう違うのかな?と思う方も多いと思いますが、海外や国内でも二人だけや親族のみでの結婚式を挙げて、帰って来てからの披露宴と二次会をせずに、1.5次会をする感じです。
披露宴と二次会を混ぜた感じを1.5次会と言います。なので、親御さんが参加したりしなかったりと人それぞれです。神戸で行う際は会場も結婚式状の披露宴会場を借りてしたり、神戸のレストランを貸し切ったり、カフェを貸し切ったり、自分達のオリジナルで出来るので特別感あっていいと思います。
披露宴のようにコース料理と引き出物を出したりするのなら、予算は高くなりますが、二次会式でビュッフェスタイルにして、引き出物とかもなしでするならお値段もお安めですし、来てくれる人達も三万円ってなると大きいですが、だいたい1.5次会の予算は10000円~15000円までなので来る方々も来やすいかと思うので、多人数に祝福してもらえます。二次会のようにゲームをして、景品ありで楽しんでもらうことも出来て、披露宴のように堅苦しい感じでもないので、ラフに楽しくワイワイ出来るので良いと思います。
親御さんを招待してる場合は、どんちゃん騒ぎにならないようにはしないといけないですが、新郎新婦も来客様達も楽しめて神戸での1.5次会はいろんな意味で気を使わず行なえると思います。

1.5次会での神戸のお店探し

結婚式は親族のみで行い、友人のみの結婚式とは別日のパーティとして、神戸で1.5次会を行いました。その時の神戸の店探しの体験談になります。1.5次会と2次会は、明確な区分けは難しいですが、結婚式と同日に、結婚式に招待した人を呼ぶのは2次会、別日に、招待する人や衣装なども別で揃えて行うのが1.5次会というイメージで、今回は、1.5次会というイメージに近い感じでお店を探しました。
今回は、15名程度の少人数で、個室かお店貸し切り、かつ、新婦は2次会用のウエディングドレスを着る為、着替えるスペースがあり、普通の飲み会よりも美味しい料理が食べられる所、と、色々と条件を増やしていくと、お店探しに難航してしまいました。料理のコストパフォーマンスなどを考えて、始めは普通のイタリアンのお店を貸し切りにする予定でしたが、お店の方との折り合いがつかず、参加メンバーが決まり、お店も連絡した後でしたが、初めに予約していたお店をキャンセルして、別のお店(ホテルのバンケットルーム)に変更をしたりもしました。
着替えるスペースの確保などをしなければなりませんが、普通の飲食店だと、着替える場所が無かったりして不向きでした。神戸ならばホテルのバンケットルームや、レストランウエディングを行っているレストランが安心だと思います。値段は上がりましたが、サービス面や参加者に料理が美味しかったと言ってもらえて良かったです。

TOP